杭州で最も古い山である。
漢の時代に丁蘭氏が木像を刻み、親孝行をするという伝説があり、晋の時代に桐が石の鼓をたたく伝奇が伝わり、宋の時代に蘇軾が漢詩を詠んだことがあり、元の時代に王蒙が隠居したと伝えられている。
人文学は奥深く、文化がキラキラ輝き、天地の霊気と山川の美しさを集めている。

「皋」とは水辺の高台で、「亭」は人が集まるところという意味

皋亭山観光区は観光区内の皋亭山から由来している。
皋亭山の名は皋亭神からいただいた, 皋亭神は皋亭山の先民が祀った主神で、皋とは水辺の高台を意味している;
亭は人が集まるという意味で、つまり、皋亭山は杭州が
形成される過程で「人間が駐留し、繁栄して生活する」高台であると言われてきた。

Pagetop