地理环境

皋亭山地理的優位性があり、杭州市の北東部に位置し、市の中心部から約18キロ離れている。天目山脈の東の延伸部で、東西の長さが約9キロ、南北の深さが約2.5キロである。 西から東へと向かう峰の順は、半山、皋亭山、黄鶴山、佛日山など。この中で、皋亭山は標高361.1 mで一番高い。これらの峰を総じて皋亭山と称する。皋亭山は城北を横に貫き、延々と十里を連なっており、杭州城の北部の要衝であるため、古くから兵家が争うところであった。 皋亭山観光区は東が余杭区の星橋町と接し、西が拱墅区の半山町に連なって、南に上塘河を内包し、北が皋亭山、黄鶴楼の山の背を境に、観光区の総面積は5.1平方キロメートルを占めている。

祈皋亭神文 唐·白居易
  维长庆二年,岁次癸卯七月癸丑朔十六日戊辰,朝议大夫使持节杭州诸军事守杭州刺史上柱国白居易,以酒乳香果,昭告於皋亭庙神:去秋愆阳,今夏少雨,实忧灾,重困杭人。居易忝奉诏条,愧无政术,既逢愆序,不敢宁居,一昨祷伍相神,祈城隍祠,灵虽有应,雨未沾足,是用择日祗事,改请於神。恭惟明神禀灵於阴祗,资善於释氏,聪明正直,洁靖慈仁,无幽不通,有感必应。
  今请斋心虔告,神其鉴之。若四封之间,五日之内,雨泽霈足,稼穑滋稔,敢不增修像设,重荐馨香,歌舞鼓钟,备物以报?如此则不独人之福,亦惟神之光。若寂寥自居,向无应,长吏虔诚而不答,下民盼望而不知,坐观田农,使至枯悴,如此则不独人之困,亦惟神之羞。惟神裁之,敬以俟命。尚飨。

Pagetop