皋亭山概況

「皋」とは水辺の高台で、「亭」は人が集まるところという意味

   皋亭山観光区は観光区内の皋亭山から由来している。皋亭山の名は皋亭神からいただいた。皋亭神は皋亭山の先民が祀った主神で、皋とは水辺の高台を意味している。亭は人が集まるという意味で、つまり皋亭山は杭州が形成される過程で「人間が駐留し、繁栄して生活する」高台である。
   皋亭山は太古から始まって、秦漢、唐宋に興じ、今に至る。千年の間に、上塘河と一緒に地元の独特の文明を生み出した。秦の始皇帝がここを視察し、丁蘭はここで親孝行をし、白楽天はここで雨を祈り、杜牧はここに居留し、銭鏐王はここで城を作り、蘇東坡はここで河を切り開き、宋の高宗はここまでへ避難し、宋の寧宗はここで書き記し、文天祥はここで反論し、王蒙はここに隠居し、金農はここで逝去……皋亭山はこの天地の霊気、山川の美しさを揃い、文化人が集まる歴史文化の名山であり、五キロが続いているそびえ立つ山脈を天然の障壁として、民衆を守る手柄を立て、「杭州の後ろ盾の山」と称えられている。

  皋亭山観光区は奥深い文化を「魂」とし、良質な生態環境を「本」とし、レジャーリゾートの雰囲気を「形」とし、現地の独特の茶文化、桃文化、原始文化、道教文化、仏教文化、親孝行文化、軍事文化、水郷文化などの含みをもって、品格のある観光区を作り上げ、杭州市のレジャー観光の新天地を切り開き、百年も沈黙した皋亭山が再び興じるよう力を入れている。
   観光区は皋亭山、黄鶴山、元宝山の三大山を土台として、一寺(龍居寺)、一水(上塘河)、一楼(黄鶴楼)、一忠(文天祥)、一孝(丁蘭)、一文(王蒙)、一武(銭鏐王)、一館(班荊館)を特色ある資源として、沿山と皋城という二つの村をたよりに、自然資源独特で文化資源豊かな「文化名山」である。

皋亭山は標高361.1メートルで、杭州市の北東部に位置し、西湖観光区と蕭山国際空港からどちらも車で約30分の距離である。江幹区内にある皋亭山観光区の計画面積は5.1平方キロメートルであり、杭州北部の観光中心地で、杭州中心部の最後のグリーンランドと呼ばれ、2013年に省市の重点生態建設プロジェクトに入れられ、5年間で総額20億元余りの投資を計画していた。2015年には千桃園、盤山自転車散策道、スマート登山道、紫金風情街などが次々とオープンした。 皋亭山は杭州が形成される過程で「人間が駐留し、繁栄して生活する」高台である。皋亭山は秦漢、唐宋に興じ、今に至る。千年の間に、上塘河、龍居寺と一緒に地元の独特の文明を生み出した。秦の始皇帝がここで河を切り開き、銭鏐王はここで城を作り、宋の高宗はここまでへ避難し、清の乾隆帝はここより上陸し、丁蘭はここで親孝行をし、文天祥はここで反論し、白楽天はここで雨を祈り、蘇東坡はここで治水し、王蒙はここに隠居し、杜牧はここで逝去……皋亭山がなけらば現在の杭州にはならないと言えるぐらい、この最も歴史のある名山は天然の障壁とし、民衆を守る手柄を立て、「杭州の後ろ盾の山」と称えられてきた。

Pagetop