科学

皋亭山観光区の標高は500メートルに達しておらず、低地の丘陵地帯に属している。植物は常緑広葉樹林二次林によって占められている。植物がよく保護された山林として、気候性植物資源は豊かである。植物の群落構造は自然に多様であり、樹木と低木はうまく結合され、揃わずによく上下の分別がはっきりして、良好な景観効果とレジャーの価値を持っている。観光区に植物が約70科270属367種あり、そのうち、高木が76種で主に広葉樹を中心とし、クスノキ、桐、メタセコイア、楓香などを含む。その中、銀杏、メタセコイアは国レベル一の保護種であり、クスノキ、 シナユリノキは国レベル二の保護種で、クスノキが既に600年存在している。灌木は73種で、ナンテン、カンコノキ、キョウチクトウなどを含む。草木植物は173種で最多であり、その中、野生ソバが国レベル二の保護種である。蔓植物は41種で、スイカズラ、アサガオ、モエジマシダなどを含む。そのうち、野生大豆が国レベル二の保護植物にされる。タケ類の植物は4種で、モウソウチク、雷タケ、マダケ、カカンソウチクである。千桃園も植物の景観が比較的に豊富なところであり、桃の花で有名である。2017年に千桃園が杭州市の都市公園で「二つのベスト」に入選されて以来、ここ数年絶えず改善されてきた。公園内に、十数種類の桃の花、翠蘆莉、クマツヅラ、ツルバギア・ビオラセア及び何種類のコウシンバラなどの花がある。春のたびに公園の花が咲き誇り、観光客を引き付ける。

Pagetop